子供たち

英会話はまず相手の話を聞けるように

子供

大阪で英会話を学習する時に、何より大切なのは、相手の英語を聴き取れるようにすることです。日本語でも同じように、相手の話を聴き取れないと会話は成立しないです。それが外国語の英語ともなると尚更であり、聴き取る能力であるリスニングやヒアリングをトレーニングすることが英会話の上達には必要です。
本当に簡単な挨拶程度の英会話なら、話すことであるスピーキングに重点を置いて、すぐに使える英会話の例文を覚えても良いです。これが日常英会話になると、ある程度の聴き取る能力がないと会話についていけないです。対面であれば、なんとか対処できたとしても、電話になると、相手の表情やしぐさが見えないので、簡単な日常英会話さえ成立しないことがあります。また、スピーキングは、相手がいないとトレーニングが出来ないですが、リスニングやヒアリングは独学でも学習が可能ですから、日頃から空いた時間にいくらでも学習できるメリットがあります。
大阪で集中して英会話の内容を聞くトレーニングをする時はもちろんのこと、テレビやラジオなどから流れてくる英会話をBGMとしながら、他の作業をしたりする時に少しでも英会話と接する時間を作ることが可能です。そう考えると、スピーキング以上に上達も早くすることが出来ます。相手の話が聞けるようになると、心に余裕が出来ますから楽です。